昔のnon-no(ノンノ)のレシピで作るパウンドケーキ

レシピ

 80年代のnon-noは必ずお菓子のレシピがあった(ような記憶)。気に入ったレシピの切り抜きは、今も使っている(笑 

このときは砂糖はてんさい糖、レモンでなく干しカラマンダリンを使用。ラム酒漬けレーズンも追加

昔のnon-noレシピは本格的

 今は簡単、時短が主流だが、今思えばnon-noのレシピは本格的だった。手元にあるパウンドケーキのレシピも、ベーキングパウダーを入れるのでなく、泡だてた卵白と小麦粉を交互に加えるシュガーバッター法(別立て法)。ベーキングパウダーを使ったものと比べると、キメが細かく、しっとり焼きあがります。

 もともとパウンドケーキはバター、砂糖、小麦粉、卵がそれぞれ1パウンド(約453.6g)の同量で作ることに由来するヨーロッパ生まれのケーキ。80年代のnon-noの材料では以下の通り。これを少しアレンジして作ってみた。

材料と下準備

材料 バター100g、砂糖90g、卵2個、薄力粉120g、レモンの皮1/3個、ブランデー大さじ2 

下準備 粉や砂糖はふるう、バターは室温に、レモンの皮はすりおろす(今回は干したカラマンダリンの皮をカット)、クッキングシートを型に入れておく、

作り方

  1. バターを泡立て機でクリーム状に
  2. 計った砂糖の2/3(60g)を2回に分けて加える
  3. 黄身を1個ずつ入れて混ぜ、レモンの皮も入れる
  4. 別のボウルに卵白を泡立て、角が立ったら残りの砂糖(30g)を加えて泡立てる
  5. 3に小麦粉の1/2を入れて混ぜ、次に卵白の1/2を入れて縦に切るように混ぜる
  6. 残りの小麦粉を入れて混ぜ、残りの卵白も入れて混ぜる
  7. ブランデー(ここではレーズンのラム酒漬け)を入れる
  8. 型に入れて、160-170度で35分くらいオーブンで焼く
バターをクリーム状に
砂糖を2回に分けて入れる
黄身を1個ずつ入れる
柑橘類の皮を入れる
泡立てた卵白に砂糖を入れる
小麦粉の1/2量を混ぜる(1/2量×2)。卵白を混ぜた後に残りの小麦粉を入れる
卵白も入れて混ぜる(1/2量×2)

ブランデーを入れる
オプション:レーズンのラム酒漬けを混ぜる

型に入れて焼く

non-noにあった通りに上にドライフルーツを乗せる場合は、15分焼いてから上に乗せ、さらに20分焼く
あんずが焦げた
断面図
いただきます! あんずが…
yuma
yuma

結論:よいレシピは永遠。

タイトルとURLをコピーしました