超素朴な味!たんさんまんじゅうを作ってみた

レシピ

 家にあんこがあったので、たんさんまんじゅうを作ることに。

 だいぶ前に印刷してあったレシピ(群馬の郷土菓子を紹介していたサイトだったと記憶しているが、見当たらず)を元に、5分の1の量にアレンジしてみた。

【材料 10個分】

・小麦粉 200g

・卵 1個

・砂糖 100g    ※他のレシピより砂糖が多め

・重曹 5gくらい   ※炭酸の箱にある表示に従う

・あんこ 300gくらい 

【作り方】

1 砂糖と小麦粉を混ぜる

2 1に溶いた卵、水30ccに溶かした重曹を入れてよく混ぜ、こねる ※柔らかすぎる場合は小麦粉を足して調整

3 棒状に伸ばし小さな卵くらいの大きさにちぎる ※生地を30分寝かせるレシピもあります

4 生地であんこを包む 

5 製菓用グラシン紙かクッキングシートを敷いて15分蒸す

砂糖と小麦粉を混ぜ、卵と溶いた重曹を入れる
あんこを生地で包む
まるめる
蒸しあがりが黄色いのは炭酸の色

 水を入れ過ぎ、生地が柔らかくなりすぎたので、小麦粉を入れて硬さを調整。

 砂糖が多めなのは、炭酸に苦味があるので、甘みがあった方がおいしく皮が食べられるから。お店で売っているたんさんまんじゅうは皮が薄めなので、砂糖は少なめかと思います。今回は使わなかったが、あんこは四谷のわかばのものが好み。

結論:意外に簡単、たんさんまんじゅう。北関東の味らしい。

タイトルとURLをコピーしました